医者

子宮内膜症は漢方で劇的改善【病気を治す秘策情報局】

女性のみ発症するがん

女性のがん

医者

卵巣がんは卵巣と呼ばれる臓器にできる悪性腫瘍です。卵巣の言葉通り、生殖細胞である卵子を作り出す臓器です。当然ですが、女性のみ存在する臓器です。したがって男性は卵巣がんを発症しません。また女性ホルモンの分泌を司る臓器でもあります。詳しい発症原因は不明ながら工業先進国に多いがんであると言われています。卵巣がんの主な発症年齢は四十代から七十代で、五十代から六十代でピークを迎えます。遺伝が原因で卵巣がんを患う人は全体の一割程度とされています。また出産経験のない人の発症確率は出産経験のある人の発症確率より高いとの報告もあります。卵巣は卵子を生み出すという構造上、数多くの腫瘍を生み出す臓器でもあります。しかし、その九割近くが良性腫瘍です。

症状と治療

卵巣がんに自覚症状は殆どありません。腫瘍がある程度の大きさまで進行する、他の臓器に転移するなどして気付くのが大半と言われています。その中でも卵巣がん発見のシグナルとして、下腹部のサイズ変化、骨盤または下腹部の痛み、排尿行為の違和感、小食での満腹感の四つが重要な要素として上げられます。しかし、どれもシグナルとしては弱いので注意が必要です。上記の通り、卵巣がんは早期発見が難しく、転移の確率も比較的高いため、違和感を覚えたら病院での速やかな診察が求められます。卵巣がんに対する主な治療方法は手術療法による腫瘍箇所の摘出です。その場合は卵巣に加えて、卵管および子宮を全摘出します。卵巣がんは抗がん剤が効きやすいがんでもあります。

Copyright © 2015 子宮内膜症は漢方で劇的改善【病気を治す秘策情報局】 All Rights Reserved.