医者

子宮内膜症は漢方で劇的改善【病気を治す秘策情報局】

副作用が少ないメリット

適用上の注意点

男性

免疫細胞治療とは、一般的には自分の免疫細胞を使って、がんを攻撃する治療法のことです。具体的には、患者の血液から免疫細胞を取り出して薬剤などで活性化し、再び体内に戻す方法です。元々は自分の細胞のため、副作用が少ないメリットがあります。しかしがん細胞が増えすぎてしまった場合は、免疫システムだけでは対処できません。その場合は、抗がん剤などの他の治療法との併用が必要なことに注意が必要です。したがって免疫細胞治療は早期からの適用が望まれます。またHIV抗体が陽性の人や、臓器移植・骨髄移植を受けた人には適用できないことがあります。これはHIVにより免疫細胞自体が壊されていたり、移植された臓器に対して拒否反応が起きやすくなるからです。

有効性と種類

免疫細胞治療は一部の血管系のがんを除いて、ほとんどのがんに適用可能です。特に再発予防に効果があるのが大きな特徴です。手術で取りきれなかった細かいがん細胞は、全身に回ってしまう可能性があります。しかし免疫細胞は細かい敵を無効化するのに優れているため、再発予防にぴったりです。免疫細胞治療には大きく2種類があります。ひとつは攻撃目標となるがん細胞を免疫細胞に覚え込ませる治療法で、樹状細胞ワクチン療法が該当します。もうひとつは免疫細胞自体を強化・増殖させる治療法で、アルファ・ベータT細胞療法やガンマ・デルタT細胞療法、NK細胞療法、CTL療法の4種類です。どの治療法を適用するかは、がん細胞の状態・免疫細胞の状態・患者の状況を総合判断して決定します。

Copyright © 2015 子宮内膜症は漢方で劇的改善【病気を治す秘策情報局】 All Rights Reserved.