医者

子宮内膜症は漢方で劇的改善【病気を治す秘策情報局】

女性のみ発症するがん

医者

卵巣がんは卵巣にできるがんです。卵巣は女性のみ存在する臓器で、卵子を作り出す機能を有しています。卵巣がんを発症する人は先進国に多く、日本でも近年は増加傾向にあります。卵巣がんは自覚症状が殆どないがんとして知られており、早期発見が困難な病気でもあります。

月経トラブルと病気の関係

患者目線で、しっかりと意味のあるカウンセリングを実践してくれますよ。都筑区の内科を利用するのであればこちらはいかがでしょうか。

地域密着の医療サービスが人気です。世田谷でリウマチの治療を受けるなら、専門治療を行なっているこちらのクリニックへ行きましょう。

月経時のトラブルが続く時

男性

月経時にひどい腹痛がある、貧血状態が続くといったように何かしらのトラブルを抱えている場合、もしかすると子宮内膜症という病気が要因となっている可能性があります。この子宮内膜症、子宮に出来る内膜組織がどこか別の器官で増殖していまい溜まっていくという病気です。本来なら月経時に血液と一緒に体外に剥がれ落ちていくはずの内膜組織が、別の器官に出来ることで排出できずに溜まってしまうのです。毎月の月経のたびにその状態が繰り返され、結果、溜まった内膜組織が癒着を起したり、塊となり強い痛みを発していきます。子宮内膜症はこうした月経トラブルを引き起こすだけでなく、将来不妊の確率をより高めてしまう可能性もあるため、出来るだけ早い段階で治療に臨むことが大切になってきます。

具体的な治療例

子宮内膜症があまりにも進行してしまった場合には個別に手術等が必要になることがあります。ただ、ごくごく軽度の症状であれば漢方薬で解消していくことが可能です。子宮内膜症はもともと女性ホルモンの分泌異常やホルモンバランスの乱れによって引き起こされます。こうした点を漢方によって改善し、症状の解消につなげていくのです。医療機関によっては通常の薬物療法と並行してこの漢方の服用が進められるところもあります。この場合、漢方によって処方薬の相乗効果を期待することができ、結果的に将来の妊娠の可能性をより高めていくことがでいます。漢方は薬物療法における副作用の不安を最小限に抑えることが出来るので、より安全な治療を望むという人は是非、参考にしてみるといいでしょう。

脳動静脈奇形の治療実績を豊富に持つドクターが、ココで貴方の体を守りぬきます。気になる治療法もご覧ください。

がんを完治させるために

病院

がんは恐ろしい病気です。がんの治療法については、外科手術や抗がん剤、そして放射線照射がよく行われていますが、進行してしまった場合、治療できないケースも多々あるのです。そこで、注目を集めているのが免疫細胞療法です。免疫細胞療法は、進行したり転移したがんでも完治させることが期待できるのです。

副作用が少ないメリット

男性

免疫細胞治療とは、患者の血液から免疫細胞を取りだし、活性化後に体内に戻してがん細胞を攻撃する治療法です。自分の免疫細胞を使用するため、副作用が少ないメリットがあります。特に再発予防に効果があるとされ、適用は複数の治療法の中から総合判断して行われます。

Copyright © 2015 子宮内膜症は漢方で劇的改善【病気を治す秘策情報局】 All Rights Reserved.